マブール その1

マブールは、ボルネオ島の北部サバ州の東方、セレベス海に位置する小島です。 

マブール島の位置(1)

セレベス海は、深度が6200メートルにも達する大海です。

この大海に、北側のスールー海や、東方の太平洋側から侵入してくる表層の海流は、深いセレベス海を横切ることができず、結局は弧を描いて、また元の方角へ反転して帰って行かざるを得ません。

そのようにしてセレベス海は、独自の、隔離された自然環境を古代より保ち、生物学的にもニューギニアやオーストラリアとは異なる、世界でも有数の、海の幸の多様性を誇る海域となっています。 (参照https://ja.wikipedia.org/wiki/ウォレス線)

マブール島の位置(2)

現在、私たちの、海外からボルネオ島へのアクセスは、コタキナバルやブルネイから、また、クチンやミリからも可能です。 

近い将来には、南部カリマンタンに、インドネシアの首都機能が、ジャカルタより移転されることが決定されており、今後の開発が予想されます。

ボルネオに入島したあとの、マブールへのアクセスは、一般的には、島内の空路便でタワウ市に入り、そのあと陸路でセンポーナ港まで移動、そしてボートで島へ、という手順になります。

センポーナ港に着くと、いきなり前方に拡がる大きな海と、そこで海と共に暮らす人々の、圧倒的な気配に包まれます。

外洋に出る漁船・小規模な定置網を積んでいる
魚市場には、鰯・鯵・鰹・鮪・ハタ・クエ・モンゴイカなど、馴染みの魚が溢れている
海の民の、手作りの船がある・かっこいい

センポーナは、小さな港町ですが、いつも多くの観光客で賑わっています。

中国本土からの観光客が目立ちますが、国籍は多様で、最近はマレー半島からのお客さんが日増しに増えてきています。

毎日、多くの観光船が港を出航してゆき、近隣の島嶼の白い砂浜や、透けて見える浅瀬などで遊ぶことができます。 

スピードボートで島に上陸
サンゴ礁でのお散歩
ボヘイデュラン島の丘の上からの一望・ここは大昔にできた巨大火口らしい

そして、夜は当然、豊かな海の幸の数々を、思う存分に味わうことができます。

ウニ
あれこれ

センポーナの沿岸地域や、沖合の島嶼のそれぞれには、バジャウ、もしくはシージプシー とも呼ばれる海の民が、伝統的な、生活のすべてが海とひとつとなった暮らしを営んでいます。

海の民・海上の部落

スールー海から北ボルネオに至る海域一帯は、最近になって、フィリピン 、マレーシア、ブルネイなどと、国ごとの線が引かれていますが、永く海上で暮らしてきた海の民にとっては、そのようなものは無いに等しかったのでしょう。

これら海の民の一部は、観光や、海産物の商売など、本土との繋がりの中で生計を立てています。

バジャウ村の入口ゲート
木陰で集うバジャウの人々・ビジャブはつけていない

しかし、なかには、観光客などの訪れない静かな島かげで、のどかに伝統の暮らしを続けている人々もいます。

丸木舟・見事な手作り
外洋に面したリーフにある小部落・完璧な自然の中で暮らす

そんな中、マブール沖の島嶼のうちのひとつで、数十年前から観光とは無縁に、9を数える親戚一族と暮らす、スールーの末裔の長の家で、温かい歓待を受けました。

そびえ立つ岩肌を背にしたリーフの渚に立つ家・海がわにモスクがある
リーフの魚たちの料理・コメと根菜の主食・小魚の塩辛のようなものを添えて
ドロップオフまで続くリーフ・スピアでちょっと遊んでひと休み
満天の星の夜が明けて。。

マブール その1は、ここまで。  その2へ続きます。

シンズテックは、マブールのダイビングショップ Scuba Buddy と提携しています。 (参照:https://www.scubabuddysipadan.com) 

また、ScubaBuddyは、センポーナにもオフィスがあります。

タワウ空港発着で、交通・宿泊・食事・ダイビング・その他のウォータースポーツなど、全てをパーケージにした、お得なサービスも提供できます。

是非、お気軽にお問い合わせください。  → Shin@xinstec.com  もしくは、https://www.scubabuddysipadan.com/booking/#page-content まで。

ナイトロックス有ります
リクレーショナルからテックまで

投稿者:

さわみしん

ボルネオ島の出入り口、ブルネイにいます。世界最古の生態系を誇る熱帯雨林を背に、前に南シナ海が開けています。ここはアジア・モンゴロイド圏のほぼ中央に位置し、古くより四方との交易の要所の役割を果たしてきました。 そして多くの民族や文化の交わりが幾多の波乱の歴史を産み、今もその躍動は継続しています。 南方にはスンダ列島、そしてはるか東方には台湾や日本が臨まれます。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中