五臓

五臓 

心・肺・肝・腎・脾、そして脈絡

心は日(ヒ)、畏くも大き火(ヒ)ゆえ燃え盛るを常とす。

息を撓らせ足さきにまで降ろし切れば脈は燃えて五臓を絡(ツナ)ぐ。

肺は魄(タマシイ)、行わざれば価せず、心の脇に浮かんでいる。

息を繋(ツナ)ぎ湧き来る暖かき脈を慈しみ尽くせば宝(タカラ)。 

肝は魂(ココロ)、厳かな杜の木々のように冥い淵に佇んでいる。

息を尽くして脈を入れ心に登り来れば日に結 (ムス) ぶ。

心に仕える熾(オキ)ゆえにときに稲妻となり攻め尽くし果たす。

腎は志(ココロザシ)、限りなき水にして月の光のように冥い淵を照らしている。

息を行い脈を入れ心に遡り来れば日を護り全うする。

心に仕える水に蒼き龍(オロチ)ありときに悩み哀しみはては舞翔けてのち鎮む。

肝と腎は相和さざれば遂げず。

脾は意(オモイ)勁き智(サトリ)、日と淵の狭間にあって良き土のように凛々しく。

誠(マコト)を尽くす永遠(トワ)の生命(イノチ)の振る舞い。

(白隠禅師、夜船閑話より ©️2021さわみしん)