マブール その3 海の幸 

マブールへ向かう船が出る、センポーナ港の魚市場には、セレベス海で獲れた、豊かな海の幸がいっぱいに溢れています。

センポーナ魚市場は魚の種類がとても多い・地魚は太っている

この市場に、毎日水揚げされてくる魚たちの顔ぶれは、なぜか私たちにとって、馴染み深いものが多いようです。

小型の青魚の類では、鯵、鯖、鰯など、中型のものでは、鰹、ビンナガ、カマスなど、そして大型になると、キハダ、ミナミマグロ、メバチなど。 ほとんどが、旨い寿司ネタになりそうなものばかり。

一匹@20MYR(=約600円)・活〆はしていない

また、それら青魚の横には、那覇の牧志公設市場でも見られるような、色とりどりのいわゆるサンゴ礁の魚たち、ハタ、ブダイ、ハリセンボン、フエフキダイ、コブシメなども。

そして、大量のエビ、ガザミ、小型のイカの仲間、なかには、富山湾で水揚げされる、日本の季節の風物詩のひとつ、ホタルイカの仲間もいます。

これは富山のホタルイカ

ホタルイカは、たいていは水深200mから 700m程度の、比較的深い海に生息する、小さなイカの仲間です。  あまり泳ぐことが得意ではなく、ふらふらと海中を遊泳する生物(=マイクロネクトン)の習性として、縦方向の海水の移動や、餌であるプランクトンの分布の推移に合わせて、中層や浅瀬にも現れます。

少々古い話ですが、2002年11月に、日本の海洋調査船(白鳳丸)が、スールー諸島の海域の、植物(光合成)プランクトンの分布の調査と報告を行っています。

(出典:https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0967064506002980)

それによると、スールー諸島の南東の外れ、セレベス海の北東部、沖合約15Kmの海域の、深度100Mから200Mの有光層の底部において、非常に高い濃度(バイオマス)の植物プランクトン・特に珪藻類の多くが観測されています。

珪藻類・これを動物プランクトンが食す。(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/珪藻)

植物プランクトンを、カイアシ・ミジンコ・オキアミなどの動物プランクトンが餌としています。

カイアシ・ミジンコの仲間・これをホタルイカ などが食す(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ケンミジンコ)

ホタルイカ の好物は、これらカイアシ・ミジンコ・オキアミなどの動物プランクトン。胃粘膜には珪藻類などの植物プランクトンも多く付着しているとか。(出典:http://jsnfri.fra.affrc.go.jp/publication/kenpou/kenpou-47,57-66.pdf)

これもホタルイカ の好物のオキアミ、ヒゲ鯨の餌でもある。佃煮は”アミ”として人間様のご飯のお供。(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/オキアミ)
セレベス海の北部、スールー諸島からマブール海域にかけて、浅い諸島の海域が弧を描き、それに沿って深海の淵が延々と連なる。セレベス海の、多くの海洋生物たちの、ダイナミックな命の連鎖と循環が、ここから始まっている。
ちなみにこれは富山湾。外洋の深海が弧を描いて氷見の辺りにまで届いている。ここに鰤が揚る。そして、滑川の方向に徐々に浅瀬へと向かう。ホタルイカ にとって、この辺りは楽園であるに違いない。

マブールのハウスリーフの淵、ドロップオフの始まるあたりは、セレベス海の生き物たちの命の連鎖と循環の始まるところ。 ナイトダイビング(ブラックウォーター・ダイブ)では、必ずやそこで、微細な生き物たちの乱舞する光景に出会うことができるに違いありません。

フィリピン ・アニラオをベースとする水中写真家、Ram Yoro氏の映像をお借りしました。

参照:https://www.shearwater.com/monthly-blog-posts/bonfire-diving/

ブラックウォーター・ダイブは、新月の前後、できれば満潮と重なるタイミングがベストです。

ブラックウォターダイブは、新月の前後五日間がお勧めです。

 詳しいお問い合わせは、さわみしん shin@xinstec.com までお願いします。

ナイトロックス有ります。

投稿者:

さわみしん

ボルネオ島の出入り口、ブルネイにいます。世界最古の生態系を誇る熱帯雨林を背に、前に南シナ海が開けています。ここはアジア・モンゴロイド圏のほぼ中央に位置し、古くより四方との交易の要所の役割を果たしてきました。 そして多くの民族や文化の交わりが幾多の波乱の歴史を産み、今もその躍動は継続しています。 南方にはスンダ列島、そしてはるか東方には台湾や日本が臨まれます。 

“マブール その3 海の幸 ” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中