シニアダイバーのための、オープンウォーター・ナイトロックス・ダイバーコース 

4泊5日、全食事込みでB$1190(約92000円)(現地費用です。国際線の料金は含まれていません。)

ダイビングは、歳をとったら出来ないスポーツと思い込んでいる貴方、実は、ダイビングに年齢制限はありません。

ドイツの映画・写真家、レニ・リーフェンシュタールが78歳でダイビング を始めた頃の写真です
これは彼女が80歳のときの写真
そしてこれは80歳代、色鮮やかな写真を数多く残しています

波瀾の人生を過ごしてきたレニが、78歳になり、ようやくダイビングを始めたのには、なにか訳があるのに違いありません。

(参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/レニ・リーフェンシュタール)

アクティブ・シニアの皆さん、ブルネイという、ボルネオ島にある、小さいけれどもセレブな王国に来て、スローライフな時間の中で海と向き合えば、その訳がきっと分かるに違いありません。

ダイビングをすることで得られる、7つの嬉しいことは。。。

  1. いつまでも健康でありたいと強く思うようになり、そしてそれが本当に手にはいってしまうこと
  2. これまでに無い、新しい知的な刺激にあふれていること
  3. 情緒的になんともハッピーになれること
  4. 未知の人々との出会いがあり、トモダチの輪が大きく広がること
  5. 異国の食材や、文化に触れ、新たな感動の時と場所が持てるようになること
  6. お酒や食事が、とても美味しくなること   
  7. そして、ますます健康になってしまうこと などなど

但し、ダイビングは、海という絶対的な、大自然を相手にするスポーツです。  だから無理は禁物。 それぞれが持っている能力や体力、そして健康の状態が、自分自身に最も適したダイビングのスタイルを作ってくれます。  それには、以下のようないくつかの心構えが必要です。

  1. 自分自身の、筋力や持久力などの体の能力を、常によく把握すること。
  2. 持病や、慢性的な疾患の状態を、常によく自分自身で確認すること。
  3. 認知機能の状態なども、忘れずに意識して置くこと。

肝心なことは、それぞれの体力や能力を、自分自身できちんと評価するに当たって、正直であること。 そして、医療的な意味での見落としをしないこと。 さらに、減圧症などのダイビングに関わる大切ないくつかの要素について、自分自身の知識のレベルをよく知っていることです。

(参照: https://www.shearwater.com/monthly-blog-posts/the-aging-diver/)

シニアダイバーのための、オープンウォーター・ナイトロックス・ダイバーコースの概要は以下です。

このコースは、米国フロリダ州に本拠を置く、ナイトロックスダイビングの提唱指導団体、インターナショナル・アソシエーション・ナイトロックス・テクニカル ・ダイバーズの公式認定プログラムです。

このコースの最終ゴールは、参加者自身の手に、安全と安心が、インストラクターによって手渡されたことの確認をもって達成とします。

1日目  プール講習 

ゆっくりと時間をかけ、対話を通じ、それぞれの健康状態や水中環境への適応性をチェックします。 そして、ダイビング器材をつけ、納得がいくまで、時間をかけて、水中環境へのからだとこころの順応性を育てます。

  1. 筋力・体力の簡単な測定
  2. 動脈血の酸素飽和度などの測定
  3. 水中環境への適応性のチェック
  4. 慢性的な持病や、既往症などの状態の確認
  5. 自律神経を安定に導く呼吸法の基礎的な練習
  6. 器材セッティング
  7. ダイビングの基礎知識の習得
  8. ナイトロックスの効用について など

2日目 海洋実習と学科講習

  1. ダイビングは、その時々の状況に応じてサイトを選び、2ダイブを予定しています。
  2. 呼吸ガスは空気を使用します。
  3. 浅い静かなサイトを選びます。
  4. 学科講習は、それぞれの条件や知識のレベルに合わせて、わかりやすい内容を適用します。
  5. 対話を通じて、講習の内容に調整を加えてゆきます。

3日目 海洋実習と学科講習を継続

  1. ダイビングは2ダイブを予定します。
  2. ナイトロックスを使用します。 
  3. サイトは、それまでの進捗に合わせて設定しますが、ブルネイのとっておきのリーフを想定します。
  4. 学科講習は、それぞれの理解の進行の程度に合わせて、講習内容を考慮し、適宜に実践的な理解を深めます。
  5. ナイトロックスの効用について、理解を深めます。
  6. 継続的な対話を通じて、講習内容をさらに身近にしてゆきます。

4日目  総括と筆記テスト予定しますが、それまでの進展を見てから、この日の内容を判断します。

なを、この講習の催行人数は、最少が2名、最多で4名までとなります。       (1名での参加は可能ですが、費用は$1240=約96000円となります)

ブルネイの海について

ブルネイは、世界で最も古いとされるボルネオ島の、厚く生茂る熱帯雨林を背にしています。 そして北側に大きく拡がる南シナ海は、かつては陸続きでスンダランドと呼ばれていた、比較的浅い海域です。 そのような地勢にあるブルネイの、暖かい海域の表層では、熱帯雨林から流れ込んでくる栄養に富んだ水が、燦々と降り注ぐ太陽光のもと、光合成バクテリアの繁殖を促し、それを餌とする植物プランクトンが大量に発生するという、いわゆる食物連鎖(エコシステム)の原初となる条件が、見事に維持されています。したがって、ブルネイの海洋生物相は多様性に溢れ、時には大きな魚群を形成して、ダイナミックな生存競争の生態を堪能することができます。 但し、栄養に富んだ海の避けられない条件として、透明度は、その時々の気象や海況により、大きく変化することがあります。 

(参照:https://oceana.ne.jp/brunei_2019_01)

ブルネイのダイブサイト

お問い合わせは、さわうみしんいち(さわみしん)sawaumishin@gmail.com までお願いします。

さわうみしんいち(さわみしん)のプロフィール


1982年ダイビングインストラクター取得
IANTDテクニカル・インストラクター 
IANTD インストラクター・トレーナー 
IART リブリーザー・インストラクター
https://wordpress.com/view/xinstec.blog
https://www.facebook.com/shinsawaumi 

投稿者:

さわみしん

ボルネオ島の出入り口、ブルネイにいます。世界最古の生態系を誇る熱帯雨林を背に、前に南シナ海が開けています。ここはアジア・モンゴロイド圏のほぼ中央に位置し、古くより四方との交易の要所の役割を果たしてきました。 そして多くの民族や文化の交わりが幾多の波乱の歴史を産み、今もその躍動は継続しています。 南方にはスンダ列島、そしてはるか東方には台湾や日本が臨まれます。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中